ハリ・コシのある、潤いに満ちたすこやかな髪。街を歩いていても、瑞々しいツヤのある髪の毛の方がいると思わず目で追ってしまいますよね。
こちらでは、そんな美しい髪を持つ人が行っているトリートメントの正しい使い方をご紹介いたします。
つけすぎない・置きすぎないなど、意外なポイントもありますので、是非髪のケアにお役立てくださいね。

トリートメントをつけるタイミングは?

トリートメントは成分を髪の毛に浸透させるものなので、必ず「シャンプーのすぐ後」に使ってください。
コンディショナーとの順番で悩むかもしれませんが、コンディショナーは髪の表面をコーティングして、キューティクルの傷みを防ぐものです。
コンディショナーの後にトリートメントを使ってしまうと、表面のコーティングによってトリートメントの成分が弾かれてしまうため効果が弱まってしまいます。

トリートメントはコンディショナーの役割を持つものがほとんどなので、シャンプーの後はトリートメントだけでも充分。
重ねてコンディショナーを使っても問題はありませんが、よく洗い流さずに残ってしまうとべたつきの原因になってしまうので気を付けましょう。

トリートメントの効果を高める「つけ方」

それではさっそく、トリートメントの正しい使い方を、シャンプーの後の手順からご紹介いたします。
ふだんの使い方を思い出しながら読んでみてくださいね。

トリートメントをつける前には…

トリートメントの前にはしっかりシャンプーを洗い流し、水を切ります。
トリートメントが髪の間の水分に溶け込まずに髪に浸透するため、効果が高まります。

トリートメントを塗布するときは優しく

シャンプー後の髪はスタイリング剤などのコーティングが流され、いわゆるすっぴんの状態。
ガシガシと塗布してしまうと、その摩擦で髪の毛を傷めてしまいます。
できるだけ優しく労わるように塗ってあげるのがポイント。
毛先の方からつけて、根元の方に広げていきましょう。

トリートメントは多くつけても浸透する量は変わらないため、少しずつ塗っていくのがおすすめです。
塗りすぎると逆に洗い残しの原因となり髪の毛がベタつくことがあるので、必要最低限の量を使うのがベスト。
頭皮トラブルの原因になってしまうこともあるので、頭皮にはつけないようにお気をつけください。

また、トリートメントは油分で髪の表面をコーティングするのですが、
その油分自体は時間を置きすぎると酸化してしまうもの。
浸透させるためにできるだけ長く置いておきたいような気持ちになりますが、
記載されている置き時間を守ってあげてください。

トリートメントを伸ばす際のコツ

塗布したあとに、毛先の方から粗いくしなどを通してあげると、髪がトリートメントに接する面が多くなり、より効果が高まります。
さらに浸透させたいという方は、固く絞った蒸しタオルを頭に巻くのがおすすめ。シャワーキャップでも代用できます。

トリートメントの流し方

説明書きに記載されている時間おいたら、よく洗い流してあげてください。
なんとなく「成分を残すためにトリートメントは流し過ぎないほうがいいのかな…」と考えてしまう方がいるかもしれませんが、ベタつきや頭皮トラブルの原因となってしまいます。
時間をかけてよく洗い流してあげてください。

自分の髪を知ることが大切

たとえば、髪質が固く、傷んでいるなら濃密なテクスチャのものを、逆に髪質が柔らかくてボリュームを出したいのであれば軽めのテクスチャのものを選ぶなど、自分の髪に合わせたものを選ぶことが美しい髪に生まれ変わるためには何よりも近道。
髪の毛をより自然な状態に保つことで自分の髪質を知ることが、とても重要です。

おすすめのノンシリコントリートメント

【くせ毛&硬い髪にオススメ】 MICHILUNO(ミチルノ) PRO-VII シャンプー

硬いくせ毛の方におすすめのシャンプーMICHILUNO(ミチルノ) PRO-VII シャンプー
硬い髪・くせ毛を内側から潤す、サロンが日本女性のために考えたくせ毛向けシャンプー。
価格:3,600円(税抜)※シャンプーのみ
容量:500ml

  • くせ毛向け
  • アミノ酸系シャンプー
  • オールノンシリコン
  • サラサラ仕上げ

トリートメントまでノンシリコンのシャンプーは軽いのに髪の内側から潤うので、乾燥しやすいくせ毛・剛毛も驚くほどしっとり柔らかい仕上がりに
アミノ酸系のやさしい泡が頭皮と髪を洗い、ヒートリペア成分(メドウラクトン)や髪内部を補修するタンパク質をたっぷり配合。
最高級のブルガリア産ローズ精油を使用した上質なローズの香りもポイント。天然精油なので香りは弱めで長持ちしませんが、自然な香りに癒されます。

おりんおりん

イチ押しのサロン発シャンプー。日本人の髪質は太くてゴワついたりしやすいのですが、軽く&ウルウルの仕上りになるので、まるで別人みたい…という口コミも。
トリートメントの使い方によって仕上りのしっとり度が変わるので、サラツヤ仕上げが好きな方ならどんな髪質でも対応できます。

Pick Up! 【MICHILUNO(ミチルノ) PRO-VII シャンプー】 の良い口コミ

忙しい時はパパ―っとつけてすぐ流すので軽い仕上がりですが、週に一度トリートメントでヘアパックみたいにすると髪が落ち着くのでもうずっとリピートしてます。
流しすぎないのもコツみたいです。
髪がやや太めなので軽くふわっとさせたいんですが、ロングなのでちゃんとヘアケアできないとすぐ枝毛ができちゃうんですよね。ヘアケアしつつ軽い、というのは他になくて…@cosme

⇒MICHILUNO(ミチルノ) PRO-VII シャンプーを詳しく見る


【サラツヤ仕上げ】 モーガンズ ヘアシャンプー&コンディショナー (モイスト&フォレスト)

モーガンズ ヘアシャンプー&コンディショナー (モイスト&フォレスト)
手に入れやすい価格で癒し系の香りと潤う仕上りが好評なシャンプー。
価格:1,900円(税抜)※シャンプーのみ
容量:300ml
  • アミノ酸系
  • 1000円代
  • オールノンシリコン

メインの洗浄成分[コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、ラウラミドプロピルベタイン] お肌への刺激が少なくコンディションニング効果のあるベタイン系がメインなので、きしみにくい処方になっています。髪が乾燥していたり、細くて絡まりやすい方におすすめです!ココイルグルタミン酸2Naは洗浄力強めなので、泡立ちも良い方です。

おりんおりん

お高くなりがちなアミノ酸系で1000円代は嬉しいですよね。ですが容量は少なめの300mlなので、リッチで大人向けの香りから何まで贅沢に独り占めしちゃいましょう。300mlなら、ミディアムヘアの女性なら大体1.5か月分で使いきる感じかな?
洗髪時のダメージ要因「きしみ」「絡まり」から髪を守りつつ、お肌にもやさしいというバランスが素敵なシャンプーです。ただ、トリートメントまでノンシリコンなので、ハイダメージだとやや全体的な仕上がりが物足りないかもしれません。

Pick Up! 【モーガンズ ヘアシャンプー&コンディショナー (モイスト&フォレスト)】 の良い口コミ

とっても気に入って、リピートしました。
香りは甘くないシパイシーさと、華やかな花の香りが絶妙で、大人の女性や男性にもよさそうです。
我が家では家族で使っています。
しっとりした洗い上がりと、つやさらな仕上がり、頭皮もすっきり洗えて、とてもいい感じです。@cosme

⇒モーガンズ ヘアシャンプー&コンディショナー (モイスト&フォレスト)を詳しく見る

まとめ

トリートメントは、成分を浸透させることで髪を芯から健康な状態にするはたらきをするもの。
表面だけでなく内側から髪の調子を整えるため、自然なハリやコシが生まれ美しい髪に生まれ変わります。

しかし正しい使い方をしなければ、高価なトリートメントを使ったはずが思ったような効果を得られないことも。
すでにトリートメントを使っている方も、いま一度本当に正しい使い方を確認してみてはいかがでしょうか?

次のおすすめ記事