お風呂上り、当たり前すぎて普段なんとなくやってしまっているヘアドライ。ですが、髪の乾かし方には実は正しい方法があります。ほんのすこし意識をするだけで早く乾いて、かつ仕上がりも全然変わってくるなんて。これからは毎日のヘアドライの時間がちょっぴり楽しくなるかも…♪ぜひご覧あれ!

仕上がりを劇的に変えるのはタオルドライ

「ながら」ドライで時短&ダメージレス

以外とおざなりにしてしまいがちなのが実はタオルドライ。
これをしっかりしておくかどうかで仕上がりが全然違います!水気をしっかり絞ってとっておくことでドライヤーをかける時間が劇的に短くなるので、髪も痛ませません。

ある程度水気をとったら、ロングの方はタオルを巻いて頭にのっけておいても良いです。その間に化粧水やボディクリームをつけたり、一息ついてお水を飲んだり…と実は意外と時間がかかったりもするので、その間に少しでも水気を吸収することもできて、楽チンですね。

短時間で傷めず仕上げるコツは、根元から乾かす

さてタオルドライは前準備といっても良いでしょう。
いよいよここからが、髪の乾かし方の本番です。

ドライヤーは20cmをキープし、左右に振り続けると髪に優しい。

ドライヤーの熱風の温度はどのくらいか知っていますか?
実は100~120度ほど。
この温度を長時間髪にあてていると、髪の表面温度がどんどん上がって髪のタンパク質が変性してしまい、パサつきや枝毛の原因となってしまいます。また、髪には神経がとおっていないので、髪がやけどをした状態になっても気づくことができません。
髪がやけどをしない温度は70度と言われています。70度を保つには、ドライヤーを髪から20cm以上話して、左右にゆらゆらと振りながら乾かすのがポイント。
そういえば、美容師さんも、ブローの際に髪とドライヤーを散らしながらやっていますよね。
髪に優しい基本の持ち方、ぜひ覚えてください♪

根元から、ふんわりとし毛流れをつくる。

髪は濡れている時がもっともクセを直しやすい状態です。
ですので、毛先ではなく根元を先に乾かすことで、毛流れの上流のほうからしっかりと、またふんわりとしたヘアを作ることができます。
また、ダメージは根元よりも毛先の方に多く見られるので、根元から乾かすことでダメージを少なく乾かすことができるというメリットもあります。

キューティクルに添って根元から毛先に向けて

根元が乾いたなと思ったら、今度は根元から毛先に向けて。こうすることで、キューティクルが綺麗に仕上がります。
毛の流れに逆らうことなく素直に、優しいケアをすることで、髪の毛もしっかりと応えてくれますよ♪

★美髪ポイント★乾かすのは8割でとめて・・・

生乾きの状態で髪を傷めないように、髪を温風で100%・完全に乾かす。

みなさん、普通にこれまでそうやってきていた方が多いと思います。

ですが実は、これを、8割のところでストップするだけで、
その方が髪に良い仕上がりになるんです!

8割まで乾いていれば、もうほとんど乾いているようなもの。
根元をしっかりと乾かしていれば毛先は自然に乾いていってくれます。

8割を超えて完全に乾かそうとすると、乾燥した髪の毛にさらに熱風をあて続けると、気がつかない間に髪がやけどを負ってダメージにつながっていまうので、「もうそろそろかな~」と思うくらいで熱風をとめるのがポイント。
綺麗に仕上がって時短にもなるので、一石二鳥です♪

仕上げ★使わないなんてもったいなすぎる!「冷風」で艶髪に

ドライヤーの「冷風」機能。
いつ使うんだろう? と思っている方も多いのでは。

この「冷風」モードにこそ、美髪に仕上げる秘訣がありました!!

使い方は簡単。冷風モードにぽちっと切り替えて、先ほどと同じように根元から毛先に向かって風を流すだけ。
こうすることで、先ほどまで熱風にさらされていた髪の毛がクールダウンしていき、髪の艶を決めるキューティクルがしっとりと定着していきます。1分ほどかけたら、終了です。

憧れの艶髪を思い浮かべながら、ぜひこの冷風モードを今日から使ってみてくださいね♪

番外編 美しく髪を乾かすためのおすすめヘアケアアイテム

これまでお伝えしてきた髪の正しい乾かし方をより効果的にする、おすすめアイテムたち。
本当に実感を持ってご紹介したいものを厳選してご紹介★

◆美容師おすすめ最強ドライヤー「ヘアビューザー」

【使うほど髪にツヤが出る】 リュミエリーナ レプロナイザー 2D Plus

リュミエリーナ レプロナイザー 2D Plus
髪にダメージを与えずツヤを与える、美髪を追求する人のためのドライヤー
価格:27,000円(税抜)

「使うほどキレイになる」と噂のヘアアイロン『ヘアビューロン』と同じリュミエリーナ独自のバイオプログラミング技術が使われたドライヤー!
使うほどにつややかでイキイキとした髪へ導きます。
美容師さんの間でも流行し、個人的に使っている美容師さんも多いそうです。

◆髪本来の美しさを引き出すノンシリコン「ミチルノ」

【くせ毛&硬い髪にオススメ】 MICHILUNO(ミチルノ) PRO-VII シャンプー

硬いくせ毛の方におすすめのシャンプーMICHILUNO(ミチルノ) PRO-VII シャンプー
硬い髪・くせ毛を内側から潤す、サロンが日本女性のために考えたくせ毛向けシャンプー。
価格:3,600円(税抜)※シャンプーのみ
容量:500ml
コスパ:
  • くせ毛向け
  • アミノ酸系シャンプー
  • オールノンシリコン
  • サラサラ仕上げ

トリートメントまでノンシリコンのシャンプーは軽いのに髪の内側から潤うので、乾燥しやすいくせ毛・剛毛も驚くほどしっとり柔らかい仕上がりに
アミノ酸系のやさしい泡が頭皮と髪を洗い、ヒートリペア成分(メドウラクトン)や髪内部を補修するタンパク質をたっぷり配合。
最高級のブルガリア産ローズ精油を使用した上質なローズの香りもポイント。天然精油なので香りは弱めで長持ちしませんが、自然な香りに癒されます。

まとめ

いかがでしたか?
すこしの工夫で正しい髪の乾かし方を取り入れて、お風呂上りのリラックスタイムをより美しく&楽しく過ごせるものにしてみてくださいね。

次のおすすめ記事