すぐにオススメクレンジングを見る

「W洗顔したのにメイクが残っている気がする」
「洗顔後すごくつっぱって、保湿が間に合わない」
「クレンジングを見直して美肌になりたい!」

スキンケアのはじまりはクレンジングから!
ですが、ちゃんとしたつもりで汚れが残ったり、潤いを奪ったり、クレンジング選びは難しいもの。

クレンジングでマイナス30点のお肌になってしまったら、その後のスキンケアで80点の美容液を使っても、結局50点にしかなりません。
反対に、自分にピッタリなクレンジングを使うと、その後のスキンケアで100点にも120点にもなれるかもしれません!

この記事では、代表的なクレンジングの種類と選び方、そしておすすめのクレンジングを紹介しています。
ぜひ毎日のスキンケアに役立つクレンジングを見つけてくださいね♪

クレンジングのタイプ別の特徴を解説

クレンジングは油分や水分のバランスやテクスチャーによって色々な名前がついています。
製品ごとにバラつきはありますが、タイプごとによっても大まかな洗浄力の強さ・刺激の強さの傾向があります。

製品タイプごとの洗浄力・刺激性のイメージ
※実際は同じタイプの製品でも内容成分によって洗浄力・刺激性は異なります。
クレンジングの刺激や洗浄力は、オイル、ミルク、ジェルなどタイプによって異なります

覚えておきたいのは、
クレンジング力は強ければ良い訳ではないし、弱いから肌に優しい訳でもない
ということ。

自分のメイクに対してクレンジング力が強すぎれば、お肌本来の潤いまで奪ってしまうし、
弱すぎれば、お肌に残ったメイクが酸化してお肌にダメージを与えてしまいます。

相性の良いクレンジングとは、自分のメイクの濃さに対してほどよいクレンジング力の強さがあるということ。

クレンジング力ばっちり!クレンジングオイル

クレンジング力ばっちり!クレンジングオイル
オイルが油性の濃いメイクにもしっかり馴染み、パワフルに落としてくれるタイプのクレンジング。
反対に、「しっかり落としたい」というほどのメイクをしていないなら、クレンジングオイルがお肌の潤いを奪ってしまうので避けた方がベターです。

洗浄力:★★★★★
低刺激:★★☆☆☆
オススメ:全体的に落ちない・崩れない系のメイクをしている人、オイリー肌の人

スッキリ落ち&サッパリ肌!クレンジングリキッド

スッキリ落ち&サッパリ肌!クレンジングリキッド
オイルほどではありませんが洗浄力高めで、サッパリとした洗い上がりが特徴のクレンジングリキッド。
マツエクに使用している接着剤はオイルに溶けてしまう場合があるので、マツエクしていてしっかりメイクを落としたい人にはリキッド(もしくは水性ジェル)が安心です。

洗浄力:★★★★☆
低刺激:★★☆☆☆
オススメ:全体的に落ちない・崩れない系のメイクをしている人、サッパリ仕上げたい人、マツエクOKがいい人、濡れた手OKがいい人

ほど良いメイク落ちのバランス!クレンジングジェル

ほど良いメイク落ちのバランス!クレンジングジェル
洗浄力のやさしいタイプからしっかり落とせるものまで、幅が広いのがジェルタイプ。
オイルインのものやオイルベースのジェルはクレンジングリキッド並の洗浄力があります。
一方、オイルフリーのジェルもあり、そちらはマイルドな洗浄力でマツエクOKなタイプが多いです。

洗浄力:★★☆☆☆~★★★★☆
低刺激:★★★☆☆
オススメ:部分的に落ちない・崩れない系のメイクを取り入れている人、サッパリ仕上げたい人、マツエクOKがいい人、濡れた手OKがいい人

W洗顔不要で人気急上昇!クレンジングバーム

W洗顔不要で人気急上昇!クレンジングバーム
メイク落ちの良いW洗顔不要製品が多く、手軽に使える点でも人気が高まっています。
べたつき感の少ない油性成分をベースにしているものが多く、オイル系のW洗顔不要の中ではさっぱり仕上がります。

洗浄力:★★★★☆
低刺激:★★★☆☆
オススメ:部分的に落ちない・崩れない系のメイクを取り入れている人、W洗顔不要を探している人

低刺激で適度なメイク落ち!クレンジングクリーム

低刺激で適度なメイク落ち!クレンジングクリーム
クリームがクッション代わりになってお肌の摩擦を減らせたり、界面活性剤の量が少なかったり低刺激な製品が多いです。
伸びが良いクリームでのマッサージをすすめる製品もあるので、お顔のマッサージの習慣がある方には一石二鳥のアイテムになりそうです。

洗浄力:★★★☆☆
低刺激:★★★★☆
オススメ:基本的に落ちやすいメイクをしている人、、乾燥肌の人

マイルドにメイクを落とす!クレンジングミルク

マイルドにメイクを落とす!クレンジングミルク
クレンジング力をギリギリまで落としてお肌にやさしい処方にしたものが多いです。
ですが、メイクが残ってしまったり、落とそうとお肌をこすってしまったりするとかえって刺激が大きくなる場合があります。
クレンジングミルクの洗浄力に合わせて、メイクを軽く落ちやすいものにするのも手です。

洗浄力:★★☆☆☆
低刺激:★★★★☆
オススメ:落ちにくいメイクは使わない人、乾燥肌の人

使いこなせば上級者!ポイントメイクリムーバー

使いこなせば上級者!ポイントメイクリムーバー
たとえば、ファンデーションは軽い粉タイプだけれど、アイメイクはウォータープルーフなど、パーツによって必要なクレンジング力が大きく変わる時にオススメ。
リムーバー自体は洗浄力強めなので刺激性も高めですが、上手に使えば濃いメイクをきちんと落とせてダメージを抑えられる便利なアイテムです♪

洗浄力:★★★★★
低刺激:★★☆☆☆
オススメ:ベースメイクとポイントメイクで必要なクレンジング力が異なる人

メイクを落とさずに寝る前に!メイク落としシート

メイクを落とさずに寝る前に!メイク落としシート
洗浄力の低いローションがシートにしみこんでいて、手軽にメイクを落とせます。
物理的に拭き取るタイプはお肌がこすれて摩擦ダメージを受けてしまうので、どなたにも普段使いとしてはおすすめできません。

洗浄力:★★★☆☆
低刺激:★☆☆☆☆
オススメ:メイクを落とす余裕が無い時に週1回まで

クレンジングの選び方

崩れにくい、落ちにくい…そういうタイプのメイクほど、強いクレンジング力が必要になります。
逆にお湯でも落ちる系のメイクが基本なら、クレンジング力は少し弱い方がちょうどいいです。
例で4タイプ出してみましたので、自分に近いタイプを参考にしてみてくださいね。

あなたはどのタイプ・・・?メイクの濃さによって必要な洗浄力は変わります

① 『お直し不要なしっかりメイク』U子さんの場合

例:落ちない日焼け止め、崩れないファンデ、にじまないアイライナー、ウォータープルーフマスカラ、マットな口紅
⇒ オイル または 洗浄力高めのリキッドがおすすめ

② 『ナチュラルベースにポイントメイク』I子さんの場合

例:日焼け止め、BBクリーム、コンシーラー、ルースパウダー、ウォータープルーフマスカラ、ティントリップ
⇒ バーム または 洗浄力高めのジェル + ポイントメイクリムーバーの併用がおすすめ

③ 『肌にやさしいメイクが好き』K子さんの場合

例:石鹸で落ちる日焼け止め、ミネラルファンデ、ペンシルやパウダータイプのアイブロウやアイライナー、グロス
⇒ クリーム または 洗浄力弱めのジェルがおすすめ

④ 『お化粧は必要最低限』A子さんの場合

例:パウダーファンデ、色付きリップ
⇒ ミルクがおすすめ

クリーム・ジェルは製品によって洗浄力に幅があるので、口コミで希望のメイク落ちが叶いそうか、強すぎないかをチェックしましょう。
ファンデなどはナチュラル系で、アイメイクだけウォータープルーフなら、顔全体は弱めのクレンジングでポイントメイクリムーバーを併用するのがおすすめです。

クレンジング選びのQ&A

Q.W洗顔不要のクレンジングオイル。肌に残らない?

クレンジングオイルの中にはW洗顔不要のものもありますが、使う時の手順が足りないとオイルが肌の上に残るように感じるかと思います。
クレンジングオイルをきちんと流すために必要な手順とは、オイルをメイクと馴染ませた後に少量の水を加えてなじませること。
そうしてオイルが乳化して白っぽくなると水に流しやすい状態になるのですが、この乳化が足りていないとオイルが肌の上に残りやすくなります。
顔全体でしっかり乳化させてからゆすぐと、比較的さっぱり仕上がると思います!

クレンジングオイルの乳化とは?
たとえば…キッチンの油汚れは水だけじゃ落ちませんよね?
必ず洗剤を使うと思いますが、この洗剤には油にも水にも馴染んでくれる「界面活性剤」という成分が入っています。
クレンジングオイルもオイルだけなら水に流すことはできないのですが、界面活性剤が入っているので浮かした油性のメイク汚れを水に流せるのです!
水でゆすぎやすいように、オイルで浮いたメイクに水を加えて馴染ませることを「乳化」と呼びます。

Q.メイクを落とさないで寝るのと、シートタイプでメイクを落とすのはどちらがマシ?

「メイクを落とすのもムリ!一刻も早く寝たい!」
誰しもそんな夜がありますよね。

メイクを落とさずに寝るのはお肌に悪いし、シートタイプでゴシゴシ落とすのもお肌に悪い…
どちらも悪いならどちらがマシなのでしょうか?
この二択なら、「シートタイプでメイクを落とす」方に軍配が上がります!

お仕事が忙しい時期には、なるべくお肌にやさしい拭き取りシートを枕元に置いておきましょう。
それでも、毎日使うのは避けたいので、奥の手として取っておきましょうね。

美肌の基礎をつくるクレンジングのおすすめ

おりんおりん

ここからは、コスメコンシェルジュが厳選したクレンジングのおすすめ商品を紹介していきます!
商品の特徴とおすすめポイントをチェックして、自分に合うものを選んでくださいね。

↓こちらのリンクから商品の紹介が見れます↓
⇒【Pick Up】コスメコンシェルジュのおすすめクレンジング
⇒【オイル】しっかりメイクもスッキリ落ち!クレンジングオイルのおすすめ
⇒【リキッド】スッキリ落ち&サッパリ肌!クレンジングリキッドのおすすめ
⇒【ジェル】ほど良いメイク落ちのバランス!クレンジングジェルのおすすめ
⇒【バーム】人気急上昇!クレンジングバームのおすすめ
⇒【クリーム】低刺激で適度なメイク落ち!クレンジングクリームのおすすめ
⇒【ミルク】マイルドにメイクを落とす!クレンジングミルクのおすすめ
⇒【ポイントリムーバー】使いこなせば上級者!ポイントメイクリムーバーのおすすめ
⇒【シート】メイクを落とさずに寝る前に!シートタイプのおすすめ

Pick Up!コスメコンシェルジュのおすすめクレンジング

【新発想!泡立つクレンジング】ルブランシー 泡ジェルクレンジング

ルブランシー オールインワン美容液
100ml 5,000円(税抜)※定期価格あり
  • クレンジングジェル
  • W洗顔不要
  • まつエクOK
  • 濡れた手OK
  • 乾燥肌向け

こすらずに落とせる洗浄力と美容オイルの保湿力が、繊細で皮ふの薄い目元までやさしく洗い上げます。W洗顔不要ですがジェルに水を加えると泡が立つ珍しいタイプなので、W洗顔不要が苦手な方も気持ちよく使えます。

おりんおりん

天然のブルガリアンローズがふわっと香って一日の終わりの癒しに!
まつ毛とマツエクにまでやさしいとアイリストさんにも好評の潤う仕上がりなので、マツエク用のクレンジングとしてもオススメです。

⇒ルブランシー 泡ジェルクレンジングを詳しく見る


D.U.O.(デュオ) ザ クレンジングバーム

  • クレンジングバーム
  • W洗顔不要
  • マッサージ
  • 角質ケア
  • まつエクOK

クレンジングバーム人気の火付け役!固形のバームがお肌の上でとろけて、メイクも毛穴汚れもしっかり落として、なめらかに潤う洗い上がりへ。

おりんおりん

お化粧しない日もマッサージクリームとして使うもオススメ。
同じブランドのクレンジングバームで美白ケア・毛穴ケアのタイプもあるので、テクスチャが気に入ったら使い分けても良いですね!

⇒D.U.O.(デュオ) ザ クレンジングバームを詳しく見る


クレンジング力ばっちり!クレンジングオイル

shu uemura(シュウウエムラ)フレッシュ クリア サクラ クレンジングオイル

  • クレンジングオイル
  • W洗顔不要
  • 99%天然由来
  • 濡れた手OK
  • マツエクOK

サラッとしたベースには目にしみにくく低刺激な「パルミチン酸エチルヘキシル」を使用しています。
公式では朝洗顔にもおすすめしていますが、やはり洗浄力は高めなので、朝は肌質に合わせて別の洗顔料を使うという選択肢もアリかなと思います。

おりんおりん

オイルでもw洗顔不要でつっぱりにくい仕上がりで、昔からファンが多いシュウウエムラのクレンジング!
サクラは女性らしい香りも好評ですよ♪

⇒shu uemura(シュウウエムラ)フレッシュ クリア サクラ クレンジングオイルを詳しく見る


Jurlique(ジュリーク)ファーミング クレンジングオイル

  • クレンジングオイル

肌のハリ・弾力を高めるブラックエルダーエキスを配合し、繊細な大人の肌をやさしくスピーディにクレンジングします。

おりんおりん

贅沢なフローラルブーケの香りも、大人の女性のスキンケアとしてピッタリです!

⇒Jurlique(ジュリーク)ファーミング クレンジングオイルを詳しく見る


Attenir(アテニア)スキンクリア クレンズ オイル

  • クレンジングオイル
  • W洗顔不要
  • 濡れた手OK
  • マツエクOK
  • くすみケア
  • ノンコメドジェニック

クレンジングをしながら、ロックローズオイルがくすみを取り去ってくれます。4種の美容オイルを配合し、なめらかで透明感のある肌へ導く処方。

おりんおりん

W洗顔不要のクレンジングで、メイク汚れだけでなくくすみも落とせるのが◎
無香料とアロマタイプを選ばせてくれるのも地味に嬉しいです!

⇒Attenir(アテニア)スキンクリア クレンズ オイルを詳しく見る


スッキリ落ち&サッパリ肌!クレンジングリキッドのおすすめ

CHANEL(シャネル)オーミセラー

  • クレンジングリキッド
  • 拭き取りタイプ
  • 洗い流し不要
  • W洗顔不要

メイク落ちも良く、すっきり手早く落としたい人にピッタリ。保湿成分も配合されており、拭き取りタイプでも比較的お肌にやさしく使えます。

おりんおりん

コットンに含ませて拭き取るだけで、洗い流しも不要。手抜きしたいほど忙しい時は、あえて贅沢にお肌を甘やかすのもアリかも!?

⇒CHANEL(シャネル)オーミセラー を詳しく見る


DECENCIA(ディセンシア)スキンアップ リキッドクレンズ

  • クレンジングリキッド
  • 濡れた手OK
  • マツエクOK
  • くすみケア

こちらは手に取ってお肌になじませるタイプのクレンジングリキッド。W洗顔が必要です。保水・美白・エイジングケアのための美容エキスなどを配合し、みずみずしいお肌へ導きます。

おりんおりん

年齢を重ねるほど、ターンオーバーの周期も遅くなってお肌はくすみがち。
シミの予防や保水力を高めてくれるので、透明感のあるお肌を目指す方にオススメです。

⇒DECENCIA(ディセンシア)スキンアップ リキッドクレンズを詳しく見る


BIODERMA(ビオデルマ)サンシビオ エイチツーオー D

  • クレンジングリキッド
  • 敏感肌向け
  • 拭き取りタイプ
  • 洗い流し不要
  • W洗顔不要
  • ノンコメドジェニック

敏感肌の方や季節の変わり目にお肌がゆらぎやすい方にも好評の拭き取りタイプのクレンジングリキッド。独自の保湿成分を配合し、潤いを求める敏感肌をやさしくケアします。

おりんおりん

乾燥肌の方が多いフランス発のスキンケアブランド「ビオデルマ」のクレンジング!お肌へのやさしさを第一につくっているので、洗浄力はそれほど強くなく、濃いメイクは落ちにくいです。

⇒BIODERMA(ビオデルマ)サンシビオ エイチツーオー Dを詳しく見る


ほど良いメイク落ちのバランス!クレンジングジェルのおすすめ

【新発想!泡立つクレンジング】ルブランシー 泡ジェルクレンジング

ルブランシー オールインワン美容液
100ml 5,000円(税抜)※定期価格あり
  • クレンジングジェル
  • W洗顔不要
  • まつエクOK
  • 濡れた手OK
  • 乾燥肌向け

こすらずに落とせる洗浄力と美容オイルの保湿力が、繊細で皮ふの薄い目元までやさしく洗い上げます。W洗顔不要ですがジェルに水を加えると泡が立つ珍しいタイプなので、W洗顔不要が苦手な方も気持ちよく使えます。

おりんおりん

天然のブルガリアンローズがふわっと香って一日の終わりの癒しに!
まつ毛とマツエクにまでやさしいとアイリストさんにも好評の潤う仕上がりなので、マツエク用のクレンジングとしてもオススメです。

⇒ルブランシー 泡ジェルクレンジングを詳しく見る


ブースターセラム ナノクレンジングゲル ホット&ピール プレミアムクレイ

  • クレンジングジェル
  • W洗顔不要

3種のクレイとナノ粒子が毛穴汚れをオフして、古い角質もやさしくピーリングできます。ツルツルになる仕上り。

おりんおりん

温感ジェルをなじませると、メイクも皮脂汚れもしっかり落ちて気持ちいい!テカリや毛穴の開きが気になる方にオススメです。

⇒ブースターセラム ナノクレンジングゲル ホット&ピール プレミアムクレイを詳しく見る


Biore(ビオレ)メイクとろりんなで落ちジェルクレンジング

  • クレンジングジェル
  • 濡れた手OK
  • W洗顔不要

スルスル撫でるようになじませるだけで落ちにくいメイクも溶け出すクレンジングジェル。シンプルな処方ですがメイクをこすらずに落とせる洗浄力は◎

おりんおりん

ゴシゴシこする摩擦はお肌のストレスになり、お肌が綺麗になるのを邪魔してしまいます!
特にお肌が薄い方は、拭き取りタイプのクレンジングではなくスルスル落とせるタイプを選びたいですね。

⇒Biore(ビオレ)メイクとろりんなで落ちジェルクレンジングを詳しく見る


人気急上昇!クレンジングバームのおすすめ

DIOR(ディオール)プレステージ ル バーム デマキヤント

  • クレンジングバーム
  • 乾燥肌向け

柔らかなリッチ感のあるテクスチャのバームが、肌の上でオイル状に溶けてすばやくメイクに馴染みます。なめらかでしっとりとした洗い上がりに。

おりんおりん

見た目も香りも高級感あふれるディオールのクレンジングバーム!
洗い上がりもべたつかないのにしっとりと上質です。

⇒DIOR(ディオール)プレステージ ル バーム デマキヤントを詳しく見る


D.U.O.(デュオ) ザ クレンジングバーム

  • クレンジングバーム
  • W洗顔不要
  • マッサージ
  • 角質ケア
  • まつエクOK

クレンジングバーム人気の火付け役!固形のバームがお肌の上でとろけて、メイクも毛穴汚れもしっかり落として、なめらかに潤う洗い上がりへ。

おりんおりん

お化粧しない日もマッサージクリームとして使うもオススメ。
同じブランドのクレンジングバームで美白ケア・毛穴ケアのタイプもあるので、テクスチャが気に入ったら使い分けても良いですね!

⇒D.U.O.(デュオ) ザ クレンジングバームを詳しく見る


ink.(インク)クレンジングバーム

  • クレンジングバーム
  • W洗顔不要
  • 毛穴ケア
  • まつエクOK

美容オイルとヒト型セラミドが配合され、洗顔後はしっとり仕上がるのに、ポイントメイクリムーバーいらずの洗浄力!目立つ毛穴にお悩みの方にオススメです。

おりんおりん

手軽に使える値段でしっかり毛穴ケアできるのが嬉しいですね!
毛穴ケアは落とすだけじゃなくて予防も大事なので、皮脂抑制効果のあるビタミンC誘導体などが入っているのもポイント高いです。

⇒ink.(インク)クレンジングバームを詳しく見る


低刺激で適度なメイク落ち!クレンジングクリームのおすすめ

コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリーム

  • クレンジングクリーム
  • 洗い流し不要
  • 乾燥肌向け

保湿成分のダブルペプチドとエモリエント成分を配合し、メイクを落とした後の肌にハリと潤いを与えます。

おりんおりん

拭き取る時もグイグイこすらずに優しく拭き取りましょう。
オイルだと乾燥してしまう人にオススメです。

⇒コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジングクリームを詳しく見る


Préedia(プレディア)スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズ

  • クレンジングクリーム
  • マッサージ
  • クレイ配合

クレイが皮脂や毛穴汚れを吸着して、やさしくメイクごと落としてくれます。拭き取った後に洗い流すとすすぎが簡単です。くすみのないつるんとしたお肌を目指す方に。

おりんおりん

酸化した皮脂がお肌の上にそのまま残ると、お肌への刺激の原因になってしまいます。
やさしく落とすクレンジングでお肌のダメージ予防&コンディションアップが目指せます。

⇒Préedia(プレディア)スパ・エ・メール ファンゴ W クレンズを詳しく見る


CHIFURE(ちふれ)ウォッシャブル コールド クリーム

CHIFURE(ちふれ)ウォッシャブル コールド クリーム
クレンジングしながらマッサージもできる、プチプラで人気のクリームタイプ。300g 650円(税抜)
  • クレンジングクリーム
  • マッサージ

肌のすべりが良くなるのでフェイシェルマッサージもできると人気のクレンジングクリーム。最初はクリーム状で徐々にオイル化してすべりが良くなります。最初の段階でお肌に圧力をかけすぎないように注意しましょう。

おりんおりん

安定のちふれクレンジングクリームは、「ヲサブル」という相性でも呼ばれる人気商品。
オイル状になってメイクに馴染むまでにやや時間がかかるので、ゆっくりマッサージしたい気分の時に使いたいですね。

⇒CHIFURE(ちふれ)ウォッシャブル コールド クリームを詳しく見る


マイルドにメイクを落とす!クレンジングミルクのおすすめ

unhaut(アンオー)ホリスティッククレンズミルク

  • クレンジングミルク
  • 毛穴ケア
  • W洗顔不要
  • 敏感肌向け

その日によって肌がゆらぐ「ストレス敏感肌向け」で、マイルドかつしっとりした洗い上がりですが、ウォータープルーフマスカラも落ちるように設計されたメイク落ちも魅力です。

おりんおりん

マイルドなクレンジングミルクを使いたいけれど、メイク落ちが心配…という方にオススメ。
メイクがお肌に残ると結局お肌へのダメージになってしまうので、それによる肌トラブルも防げます。

⇒unhaut(アンオー)ホリスティッククレンズミルクを詳しく見る


COVERMARK(カバーマーク)トリートメント クレンジング ミルク

  • クレンジングミルク
  • 濡れた手OK
  • まつエクOK
  • 89%美容液成分

水ベースなので洗浄力は穏やかですが、ナチュラルメイクならじっくり馴染ませれば落ちます。乾燥しやすい肌もつっぱらずにメイクを落とすことができます。

おりんおりん

ロングセラーのクレンジングミルク!
荒れやすい時期にも頼れるやさしい洗浄力がやはりミルクタイプの魅力ですね♪

⇒COVERMARK(カバーマーク)トリートメント クレンジング ミルクを詳しく見る


Parado(パラドゥ)スキンケアクレンジングミルク

  • クレンジングミルク
  • 濡れた手OK
  • W洗顔不要
  • マツエクOK
  • 89%美容液成分

やさしいクレンジングだと「洗った感」がなくて物足りない場合がありますが、Paradoは比較的しっかり落とせて、すっきりした洗い上がりが特徴です。
それでもアイメイクは残りやすいので、乾いた手でつかったり、メイクによってはポイントメイクリムーバーとの併用が必要かも。

おりんおりん

コンビニ限定コスメからのエントリー!
プチプラでリピーターもいる商品ですが、オイルのようには落ちないのでミルクタイプを使い慣れない人はじっくり馴染ませるようにして使いましょう。

⇒Parado(パラドゥ)スキンケアクレンジングミルクを詳しく見る


使いこなせば上級者!ポイントメイクリムーバーのおすすめ

LANCÔME(ランコム)ビファシル

  • ポイントメイクリムーバー
  • 拭き取りタイプ

油性・水性のクレンジング成分が二層式になっており、どんなメイクにもするっと馴染んでスピーディに落とします。

おりんおりん

こちらも根強い人気のクレンジング!洗浄力が強い分、ほかのクレンジングでは落ちないマスカラもこすらずにオフできるため、繊細な目元にもやさしいですよ。

⇒LANCÔME(ランコム)ビファシルを詳しく見る


est(エスト) エスト ポイントメイクアップリムーバー

  • ポイントメイクリムーバー
  • 敏感肌向け

こちらも二層式で水性・油性のメイクもどちらも落とせます。洗浄力はやや控えめですが、お肌にやさしい感触が好評です。
乾燥肌や敏感肌の方でポイントメイクリムーバーを小まめに使う方にオススメです

おりんおりん

ほかのポイントメイクリムーバーだと肌荒れするけれど、コレはしない。とリピートする方もいるようです。
ポイントメイクリムーバーを使いたいけどお肌が心配という方に試していただきたいです。

⇒est(エスト) エスト ポイントメイクアップリムーバーを詳しく見る


MAYBELLINE NEW YORK(メイベリンニューヨーク)エクスプレス オフ

MAYBELLINE NEW YORK(メイベリンユーヨーク)エクスプレス オフ
ペンシルの先で、はみだしメイクやパンダ目をお直しできちゃうポイントメイクアップリムーバー 1本 600円(税抜)
  • ポイントメイクリムーバー
  • メイク直し

クレンジング料にも使われるオイル成分を芯にしたペンシルタイプのポイントメイクリムーバー。
はみだしたアイラインやリップラインには、上からこのペンを塗り重ね、コットンやティッシュでやさしく拭くと修正できます。

おりんおりん

あっ!手が滑った!!・・・そんな時、ゴシゴシ拭いてしまっていませんか?
繊細な目元のメイク直しには、こんなペンシルタイプのリムーバーがおすすめです。
ポーチに入れておけば、夕方に気になるパンダ目のお直しにも使えますよ♪

⇒MAYBELLINE NEW YORK(メイベリンユーヨーク)エクスプレス オフを詳しく見る


メイクを落とさずに寝る前に!クレンジングシートのおすすめ

clé de peau BEAUTÉE(クレ・ド・ポー ボーテ)ランジェットデマキアントYL

  • クレンジングシート
  • マツエクOk

手軽に落とせるシートタイプのクレンジング。メイク落ちが良いので、ポイントメイクリムーバーとして使う方も多いです。
また、みずみずしいというよりは、少しパウダーっぽい質感なので、お肌に強く当てすぎないように気を付けたいですね。

おりんおりん

お肌の摩擦が気になるので、あまりオススメしていないシートタイプですが、ゴシゴシせずに落とせると評判のこちらならアリかも!?
これなら、帰宅後すぐベッドに直行してしまうような日のクレンジングとしても、罪悪感なく使えますね。

⇒clé de peau BEAUTÉE(クレ・ド・ポー ボーテ)ランジェットデマキアントYLを詳しく見る


クレンジングのやりがちNGポイント

NG!少なく使う

オイルやジェルなどクッションになるものがなければ、顔と手がこすれて摩擦ダメージになってしまいます。
お肌の摩擦を抑えるためにも、クレンジングをケチるのはNG!

NG!マッサージしながら使う/パックする

クレンジングはあくまで汚れを落とすためのもの。
ずっとお肌に載せているとそれだけ負担になったり、お肌の中から潤いが失われやすくなります。
マッサージするなら専用のクリームを使うのがおすめです。

NG!冷水orアツアツのお湯で洗う

汚れ落ちに一番ちょうど良いのは、℃~℃のぬるま湯です!
それ以下の冷たい水では汚れが残ってしまったり、熱いお湯ではお肌に必要な皮脂を落としすぎてしまうことがあります。

NG!ナチュラルメイクor日焼け止めだけなら洗顔のみでOK

中には「石鹸で落とせる/クレンジング不要」というものもありますが、そうでないものを使っている場合は、お肌の上でメイクが酸化することを防ぐためにクレンジングは必要です。
酸化した物質はお肌に刺激を与えてトラブルのもとになるので、その日のうちにしっかり落としておきましょう。

次のおすすめ記事